20161227

年末年始ダラダラできるオススメ映画&ドキュメンタリー10選!

年末年始にダラダラしたかったので私がサービスに加入していて見ることの出来るNetflixとPrimeビデオでオススメのコンテンツをみなさんに聞いてみました。

いろいろリプライ頂いたので、個人的な備忘録もかねてリストにしておこうと思います。

まずは大阪在住、横浜のミスターダンディズム、アキラさんから。

StartUp - Launch Trailer | Amazon Prime

ニック・キャペリが刑務所から出所した。ところがかつて彼が所属していた強力なマフィア一家の絆は崩壊しており、ニックは途方に暮れる。その如何ともしがたい状況が、再び彼を犯罪の世界に引き戻そうとする。現代社会において、マフィアはかつてのように人々の尊敬を集めることはない。このシリーズでは現代の犯罪組織が生き残るために何が必要かを問いかける。

おもしろそうですね!シーズン1まで公開しているようです。マフィア系でいくとNetflixの「ナルコス」を思い出しましたが、このSTARTUPはもっと現代にフォーカスしたドラマなのだと思います。時代が変わってマフィアがどのようにハスリンするのか見れるのかもしれません。

お次は心のザイオンにお住まいのレジ山さんから。

Weeds Saison 8 - Trailer

突然の夫の死で未亡人となった子持ちの主婦ナンシー。郊外の快適な暮らしを続けるため、始めたビジネスは何とマリファナの密売...!?

ショウタイムの視聴率ナンバーワンTVシリーズでNetflixでシーズン8まで配信されています。シーズン8まであるTVシリーズを見始めるのはちょっと勇気がいりますが、これもおもしろそうですね!

大麻からコカインを扱い、70年代の伝説のドラッグディーラーとなったジョージ・ユングの半生を描いた「ブロウ」は好きな映画のひとつです。ちなみにそのジョージ・ユング、20年の刑期を終えて2014年に出所し、彼を演じたジョニー・デップと再開を果たしています。

お次は何をやってもハードコア、Do More!を地でいくデトロイト育ちのhc100さんから。

『ゲットダウン』2016年 Netflixにて独占配信

1970年代のNYサウスブロンクス。貧しく波乱に満ちた環境を生き抜くティーンエイジャーの姿と彼らの創りだす音楽を通じて、やがて世界へと広がる新たなカルチャーの誕生を描く。バズ・ラーマン監督によるNetflixオリジナルドラマ『ゲット・ダウン』2016年、独占ストリーミング決定。

たしかにベタですね!これは私も見ました。ヒップホップに精通している某氏に言わせると、この時代にちゃんとラップに聞こえるようなものは存在しないし、いろいろリアルじゃないらしいのですが「それも含めてエンタメとして見てる」とのこと。勉強になりますね。

ちなみに、私の極めて低いヒップホップ知識レベルだと普通に楽しめましたYO!

そんな某氏からたくさんのレコメンドを頂きましたので一気にご紹介。トレイラーもあわせてツイートしてくれるなんて流石だな~。

『二郎は鮨の夢を見る』

銀座の名店「すきやばし次郎」の店主・小野二郎さんと、すし職人の世界に迫るドキュメンタリー。80歳を超えてなお現役の彼が握るすしは5年連続で「ミシュランガイド」三つ星を獲得し、世界中の美食家をうならせてきた。そのすしの味に魅了されたアメリカ人のデヴィッド・ゲルブ監督が3か月にわたり二郎さんに密着取材を敢行し、職人としての生きざまや、息子や弟子たちとの師弟関係を描き出す。世界的名店を支える者たちの誇りと仕事への情熱が、深い感動を呼び起こす。

『THE SHORT GAME』

彼らが見つめるのはホールポストの先にある大きな夢...。世界王者を目指し、超難関コースで熱闘を繰り広げる小学生ゴルファーを追ったドキュメンタリー。

『ファーゴ』

コーエン兄弟による同盟の傑作映画を原案として制作されたミニドラマシリーズ。ミネソタを舞台に"本物の"犯罪とその関係者の動きがダークな雰囲気で描かれる。


ハウス・オブ・カード 野望の階段 シリーズ予告編 - Netflix [HD]

狙った獲物は逃さない。政府の頂点を目指すフランク・アンダーウッドの飽くなき闘いを描き、エミー賞やゴールデン・グローブ賞で数々の賞を受賞した政治ドラマ。

不思議な説得力があるガブガブさんから4作品もいただきました。どれもおもしろそうですが個人的には「すきやばし次郎」の映画が一番気になります。銀のさらでもデリバリーしてお寿司つまみながら見たいです。

私からは2つご紹介。まずは、スカッとできるちょっとバカっぽい映画を探していて見つけた「Bad Moms」。

Bad Moms | Official Trailer

頼りにならない夫を抱え、仕事と子供の世話に追われ疲労困憊のエイミー。母親業の大変さについにブチ切れ、自分同様うんざり気味な母親2人と羽目を外すが...。

あの「ハングオーバー」の脚本家コンビの「バッドママ」ムービー。主演はTEDでおなじみのミラ・クニスです。バカっぽいんですが、共感ポイントも多くて良くまとまった良い映画だと思います。「母親をテーマにしたR指定コメディ」という変り種ですが、ハリウッドでは想定外のヒットとなったそうです。続編も2017年11月に公開予定とのこと!

マスター・オブ・ゼロ 予告編 - Netflix[HD]

傑作ドラマ『パークス・アンド・レクリエーション』でおなじみのアジズ・アンサリ主演。ニューヨークに暮らす30歳独身男性の凡庸な日々&ちっぽけな苦悩をユーモラスに描く新感覚コメディ。

「タコスを食べたくなって1時間もレビューサイトをさまよったあげく、一番評価の高い店に行ったら休みだった!」とか、「子供の存在がなによりの幸せだmと要ってた友人の結婚生活が実は破綻していた」など都市生活のあるある!を主人公デフの視点からコミカルに描いています。いろんな出来事から人間的に少しずつ成長していくデフに共感してしまいました。コミカルですが、おしゃれに落ち着いたトーンなのでダラダラ見るにはぴったりです。

いかがでしたか?これだけ候補があればしばらくダラダラするネタに困らなそうです!ありがとうございました。

書いてて気付きましたが10選じゃなくて9選でした・・!「これおもしろいよ」「おすすめだよ」などあれば引き続きツイッターで教えてくださいね→ @kntr

それではみなさま、よいお年を!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1 comment:


  1. You really make it seem so easy with your presentation but I find this matter to be actually something that I think I would never understand. It seems too complex and extremely broad for me. I'm looking forward for your next post, I'll try to get the hang of it! sign in to gmail

    ReplyDelete