20151221

深センに行ってきました。2日目 #華強北 #電脳街 #ドローン #クラフトビール

初日編の投稿を読まれていない人はこちらから。

爆買い日本人に俺はなる
結局2時くらいまで飲んでからタクシーで宿に戻りました。バルコニーからの眺めに既視感がありました。たぶん香港のヒルサイドエスカレーターで上がったあたりにある高級マンションのせいかと。モスク超えたあたりのところっぽい感じ。

張り切って8時くらいに起きて華強北に向かいましたが、どこもオープンは11時から。仕方ないので散歩をしてみました。
昨晩行列ができていた食べ物。チキンオムレツという手羽先の中にサフランライス的なご飯が入っていてチリパウダーをかけて食べる。結構おいしい。1個10元(190円くらい)
絵に描いたような過積載。そして当然、、、
アイヤー!荷物積みすぎでバイク部分が浮いちゃってます。

華強北で爆買い日本人になりたい!と意気込んでいましたが、結果としては頑丈なライトニングケーブルを買っただけとなりました。とにかく店の量、物量が多すぎて見ているだけで疲れてしまい面白いものを見つけるところまで集中力がついていきませんでした。笑 ただ、日本に帰ってきて「そういえばあれ買っておけばよかった。。」と思い出すことが多々あるので次回こそは!と思っています。

深セン大学を見学
そろそろ香港に戻ろうかなと思っていたところタップルームで会った深セン大学の子からWeChatで連絡がありました。バイトの時間まで深セン大学のキャンパスを案内してくれるとのこと。
緑が多くきれいなキャンパスです。中国で知らない人はいない巨大サービスQQ、WeChatなどを事業とするテンセントのビルがキャンパスから見えます。もちろん社長は深セン大学OB。
このビルは理系の授業をする建物なのですが、中指を立てているように見えるためF*ckin' buildingという名前で呼ばれているとのこと。笑 このビルの1階はカフェテラスになっています。禁煙なのですが灰皿がある不思議な空間。
いろいろありがとう!

彼女はソーシャルワークを学んでいるのですが、人気の学部は経済学部とのこと。それを聞いてから、なにげなく歩いてる学生が未来の中国大企業の社長に見えてきました。多くの学生は寮で生活しており寮費は1年間5万円ほど。留学生の寮が1番きれいでキャンパス内で立地も良いのがフェアじゃない!と不満をもらしていました。笑

香港に地下鉄で戻る
福田口岸まで電車で向かい出国審査を終えて徒歩で川を超えるとそこは香港になります。理由はわからないが、なんとなく安心する。
中国本土、香港人用の出国審査の行列。半端ない!
Welcome to HK. Yes I'm back.
人の流れに沿っていくと地下鉄の駅があらわれるので乗車。見慣れた香港の路線図にホッとします。落馬洲から適当に乗り換えて旺角あたりで下車。40分くらいでした。
香港ですね。

タイ バンコクの友人と香港で会う
フェイスブックを見ていたらバンコクの友人が香港にいることに気づき、すごいタイミングなので会うことにしました。今年の夏にバンコクのお礼も言いたかったですし!
香港ローカルの友達オススメの火鍋店。なぜか行列をスルーして入店。
バンコク、香港、東京という感じで円卓を囲みました。マダーム会にいきなりお邪魔した感じ。バッフェでもう無理というレベルまで食べて飛行機の時間もあるのでバスで空港まで移動。東京へ戻りました。

ほぼ「人まかせ」な深セン〜香港の旅となりました。年末なのですでにバケーションにはいっている人も多いと思います。オープンになって会話してその人にいろいろ聞いてみましょう。グーグルでは探せないストーリーをみんな持っているはずです。

ではでは!

ブログランキング・にほんブログ村へ

No comments:

Post a Comment