20151015

台北に行ってきました。 #檳榔 #SwingBlackCoffee #YouBike

台北に行ってきました。食べ物の情報はほかでも山ほどあると思いますので、それ以外の情報を厚めにしました。

とりあえず航空券だけ
スクートで安いチケットがあったので、前回香港にいったメンバーでおさえました。往復コミコミで1.7万円とか安すぎますね。しかもスクートはボーイング787なんです。LCCとは思えない座席の余裕っぷりであっというまに台湾桃園国際空港にタッチダウン。空港で遠博電信のSIM(3日間4G使い放題で約1,500円)を入れてバスで台北駅へむかいました。
まずい小籠包ってあるのかな?

宿がないんですけど
そりゃそうです、中国の国慶節と重なっていたのです。とりあえず現地で適当にやるか、と気楽に考えてた西門あたりの宿は全滅。アジア圏のフライト予約システムに中国の祝日アラートを実装してはどうか、など考えてしまいました。Hさんから教えてもらったジャージャー麺のお店でKが宿をみつけ、なんとか野宿はさけることができました。

檳榔(びんろう)をかむ
天然の噛みタバコのようなもので、台湾では檳榔の実と石灰を混ぜたものが売られています。 効果としていわれているのは「軽い興奮・酩酊感」とのこと。
これが檳榔です。もう見た目がまずそう!

食べ方としては、軽くかんで溜まってきた唾液(真っ赤になります)は飲まずに吐き出し、あとはそのまま口のなかでモグモグかみ続けます。味はとにかく青臭く、まずいです。効果は非常に弱く、若干ふわっとしましたが、シラフの状態とさほど変わりませんでした。とはいえ、あちこちで売られている「檳榔」1度チャレンジしてみてはどうでしょうか。

メイドイン台湾のプログラマブルドリップマシーン
台北にあるカフェ「Swing Black Coffee 嗜黑咖啡」のドリップ風景は我々が見慣れた「ていねいなカフェ」とはまったく異なりました。カウンター横にはずらりとケメックス、ではなくOTFES社のドリップマシーンが5台ならびます。
ずらり。この台数が揃っているのはここだけ、とのこと。

マシーンの特徴3つ
1つ目は注ぎ方です。熟練のバリスタのようにスパイラルを描きながら外側は水量が少なく、中心にいくにつれて水量が多くなるようにコントロールされています。2つ目はプログラマブルであること。スパイラルの軌道、注ぎの時間、蒸らし時間、お湯の温度と量を細かく設定できます。これによって完全に均一なドリップが可能になります。このセッティングは3つまで登録、変更ができます。3つ目はダブルボイラーシステムです。これによりプログラムされたお湯の温度を正確に注ぐことが可能とのこと。

なんか未来っぽい
見た目はサードウェーブインスパイア系カフェと近いですが、このマシーンだけが異質でとても新しくみえました。(ここからは妄想ですが)このマシーンは単体で通信できるようになり、豆にあった完璧なセッティングをダウンロードしてドリップするような「ダウンロード&ドリップ」の時代が来るかもしれません。バリスタのクラウド化みたいな感じで。
おいしいコーヒーを飲みながら考えをめぐらせる。

自転車に乗って颯爽と移動する
台北の街でみかける黄色いGIANT製の自転車「YouBike」は台湾の自転車シェアリングシステムのもの。あちこちにあるスタンドから悠遊卡(ICカード)で手軽にレンタルして、目的地周辺にあるスタンドにまた戻すだけです。使用するための登録方法は2つあり、悠遊卡と現地の電話番号で登録するパターンとクレジットカードで登録するパターンがあります。現地SIMを入れていたので前者の方法でYouBikeのアプリから。ちなみにアプリはオール繁体字で英語がなかったので勘をはたらかせて登録しました。笑
MASHごっこで買ったばかりのiPhone6sを割った直後のO氏。目が笑ってない。

1つの電話番号に複数の悠遊卡(ICカード)を登録したときに気をつけること
現地番号が1つしかなかったので、その番号に他2名のカードも登録しました。このように1つの番号に複数カードを登録している場合、そのカードのユーザーたちが同じステーションで同時に自転車を返却すると15分ほど待たなければならない、ということは覚えておきましょう。パリのヴェリブはこまめに返却すれば無料で移動できたので、その感じで返却したら15分ほど足止めをくらいました。ちなみに最初の30分は5 NTD(約20円)です。安い!
台北市のとなり、中和市にあるミャンマー人街まで行ってみました。8キロくらい。

ここのカレーがおいしかった。2言語メニューですが両方わからない!

まだまだ夏の台北を楽しんできました。また行く機会があれば、檳榔をモグモグかみながら颯爽とYouBikeにまたがりOTFES社のマシーンがドリップしたコーヒーを飲みにいくでしょう。
再見!

ブログランキング・にほんブログ村へ

No comments:

Post a Comment