20121230

千住フレッシュ写真ナイト

Untitled
ヒゲノカメラことタイチくんの写真が八古屋に展示されています。9月に行われた千住フレッシュ八古屋ナイトの告知写真を中心に下町フレンズの笑顔がいっぱいです。写真にはそれぞれ番号がふられていて、注文票に書けば焼き増し購入できるシステム。なんか懐かしいのは、小学校の遠足アフターの写真焼き増しを思い出させるからでしょうか?秋葉原で某クルーザーとあわせて撮ってもらった1枚と、ミカミさんのユンボショットなどなどオーダーしました

千住フレッシュ写真ナイト

20121227

第5回 KJS大忘年会

KJS Year end Party 2012
まずはJINBOで飲んでから、本来行く予定ではなかった店主である神ちゃんを無理矢理誘って宴会天国「味園」へ。神ちゃんのビートたけしから始まり、ヤギさんの流血騒動からの2次会3次会まで、相変わらずのリミッター解除系でしたね。皆でちょー笑ったので来年も福が訪れるでしょう!

写真は瓶ビールでフェンシングをしている瞬間をとらえた大変貴重な1枚。その他のクワさんの写真はコチラ。ボブの写真はコチラ

来年もまた遊びましょう。
それでは皆様、良いお年を!

20121226

西成ぶらり

Untitled
久々に西成を散歩しました。何も知らずに歩いた5年前の緊張感はなかったですが、やはり独特。1本50円で売っているというアウトレット酒を探したのですが残念ながら見つかりませんでした。写真の奥に見えるのは2014年春に開業予定の超高層ビル「あべのハルカス」。完成すると日本初のスーパートール(高さ300メートル以上の世界クラス超高層ビル)が誕生。

OZKexpo

Untitled
大阪アメ村でリヴィングレジェンドに遭遇。テンションあがりました。

20121220

SECOND LAB “New York” Rug

Untitled
ゲットしました。玄関とかバスマットに丁度いい感じのサイズです。私は勿論バスマットとして使用したいと思います。入浴してい♨

20121218

クロダミサト写真展「沙和子」

クロダミサト写真展「沙和子」 / ©クロダミサト
いってきました。別次元のエロさにやられ、、なんかいけないものを見てる感じ。ある意味なつかしい感覚なのかも?

クロダミサト写真展「沙和子」※CLOSED

20121217

toy dog solo exhibition “ENTER the DRAGON”

Untitled
現役メッセンジャー、フォトグラファーtoy dogの個展が六本木Bar Lounge INDIGOにて開催されています。ぶっ飛んでる写真の数々やオープニングパーティーでのライブ、ヤバかったです。物販もあったのでブラックライトで妖しく光っていたキャップをゲット。エキシビジョンは12月23日まで!

Tokyo Guide Map: toy dog solo exhibition "ENTER the DRAGON"
hentai25works

20121216

自転車1032

自転車1032

アイススケート

Untitled
都会の真ん中でアイススケート。小学生のときにハマったローラーブレードを思い出しました。

20121214

松田忠雄写真展 / 杉原杏璃 vole de kyaa

Untitled
東京アーツギャラリーにて。「ぼれできゃあ」は広島の方言で「すごく大きい」の意。

20121211

麦酒倶楽部 ポパイ

Untitled
クラフトビールバーの名店「麦酒倶楽部 ポパイ」に行ってきました。常時70銘柄ものクラフトビールがドラフトで揃えられ、最高の状態で管理されているとのこと!クラフトビールについてはコチラのまとめが分かりやすいのでご参考まで。

今回トライしたのは以下の4銘柄。ヴァイツェンから始めて最後はスタウトでシメました。

富士桜高原 ヴァイツェン(山梨)
スワンレイク ヴァイツェン(新潟)
伊勢角屋麦酒 ペールエール(三重)
常陸野ネスト エスプレッソスタウト(茨城)

最後の常陸野ネスト エスプレッソスタウトは大変香ばしく、食後のコーヒーのような感じでいただきました。ちなみに銘柄は毎日更新され、当日飲めるビールはサイトからチェックすることができます。単純に珍しいからといってラインナップに加えるわけではなく、質にこだわって選ばれているようです。大阪の箕面ビールもありましたよ!

フードもいわゆるパブ料理でいい感じ。ある程度の予備知識を入れていったほうが楽しめると思いますが、店員さんがちゃんと質問に答えてくれます。また行きたい。

20121210

秘湯ツアー - 奥鬼怒 「八丁の湯」

Untitled
奥鬼怒温泉郷にある秘湯「八丁の湯」に行ってきました。環境保全のためマイカーでの乗り入れが禁止されているため、女夫渕温泉駐車場から1時間ほど山の中を歩きます。とにかく激寒!でしたが、雪が降ってたり滝が凍っていたりでテンション高めの楽しい道のりでした。※宿泊の場合のみ送迎あり

八丁の湯に着くと受け付けの方から「軽装ですねw てかスニーカーww」というニュアンスの視線とお言葉を受けつつ500円でエントリー。すれ違う人たちと自分たちの装備が違いすぎることには気付いていたので問題なし。1名は手ぶらだし!

温泉は滝を眺めつつの雪見露天、風情があって最高でした。加水・循環なしの天然自噴100パーセント、小さな湯の花が舞っています。ちなみにメインの温泉は混浴なのですが、熟年外国人カッポーが居たくらいでした。

レストハウスで山菜ソバやカレーなどを食べ、少し昼寝をしてから帰路へ。途中に寄った、川治湯元の坂文精肉店のキャベツメンチおいしかったです。秘湯クルーの誘いは基本的に集合場所と時間しか情報がないので毎回ミステリーツアーっぽい!次はどこかな~?

その他の写真はコチラ

20121209

荒木伸吾回顧展「瞳と魂」

Untitled
聖闘士星矢、巨人の星、あしたのジョーなどを手掛けたアニメーター、荒木伸吾の回顧展「瞳と魂」を見に行ってきました。タイトルどおり、どれも目力が強い。油性ペンとポスカっぽいもので描かれたジャングル大帝とかツボでした。

ラストドック

Untitled
先週末は神出鬼没のドック屋さん「東京ドック」のラストドックでした。初めて食べたのは確かリーバイスのイベントでした。おいしかったな~

20121204

Yoshimitsu Umekawa "DRIP BOMB"


DRIP BOMB
現代日本東京の夜中を中心に現代社会の抱える「組織」の想念を実際の吐瀉物を通して映し出そうと試みた2002年から2012年まで撮影したルポルタージュ、嘔吐のシリー­ズ。自らも泥酔、酩酊、忘我の状態での路上の吐瀉物から受ける印象は、強烈な自我(コギト)を放っており、あの日本人特有の村意識は既になかった。独立したそれらは、個々­の呪われた存在でありまさに実存主義的であり、素晴らしく美しく見えた。吐瀉物の本質はもはや吐瀉物にあらず存在は変化し、疑い続ければイメージも変化し続ける。嘔吐と実­存(existenz)と自我(コギト)と忘我の関係性。実存主義的写真。

via ERECT Magazine » DRIP BOMB

私もよくボムっちゃうので気になります。

W-BASE 8TH ANNIVERSARY PARTY "HELLA SICK"

Untitled
ご存知W-BASEが8周年ということで、日曜日は代々木公園にて"HELLA SICK"なパーティーが催されておりました!会場に到着したのが遅かったので、すべての競技を見ることはできなかったのですが、やはり真っ赤なBMX「小田原の兄貴」は脳裏に焼き付いて離れません・・。

20121203

3Dスキャナーで撮影されてきました - OMOTE 3D SHASHIN KAN

Untitled
ちょっと前にも書きましたが、3Dスキャナーによる撮影および3Dプリンターによる成形で自分のフィギュアが作れる「OMOTE 3D SHASHIN KAN(オモテサンドウ シャシンカン)」にて撮影をしてきました!右の女性が持っている機械が3Dスキャナーで、この機械を通してPCに私の形状とカラーデータが保存されます。そして、3Dプリンターによって1体につき7時間かけ、石膏のフィギュアが成形されます。ちょー未来!!

本当はクルーザーデッキとビール缶を持ちたかったのですが、強度の問題でNGとのことであえなく断念。小物の撮影テストまでしてもらったのですが、どうしても無理でした。。ただ、フィギュアに凹凸があったほうが面白いと思ったのでパーカーにダウンベスト、ショーツにしたのですがこれは正解だったと思います。

撮影は15分と聞いていて一緒に撮影した弟もそれくらいだったのですが、私は30分くらいかかりました。撮影の間は微動だにできないので結構疲れました。コマネチの案もスタッフの方に却下されたのですが、却下されて良かったです。30分キープは無理。笑

S・M・Lとサイズは選べたのですが迷わずLサイズ(20cm)を選びました。仕上がったフィギュアは忘れた頃に届くそうなので、楽しみに待ってみようと思います。届いたらまたご報告いたします。

ちなみに「OMOTE 3D SHASHIN KAN(オモテサンドウ シャシンカン)」には藤原ヒロシやNIGO®、その他著名人のフィギュアも展示されています。撮影の予約はすでに全部埋まってしまっていますが、近くに遊びに行った時に覗いてみてはいかがでしょうか。

その他の写真はコチラ

20121202

EASE OFF

Untitled
若木くん、ありがとう、、。