20121111

「手の痕跡」展 - 国立西洋美術館

Untitled
上野公園のスタバで軽く紅葉を楽しんだ後にフラっと見学。「考える人」で有名なロダンとブールデルの彫刻が展示されていました。なかでも写真の「アンリ・ロシュフォールの胸像」の張り出した額、俯き具合がとても印象的でした。すごい迫力だったな。。

※美術館スタッフの許可を得て撮影しています