20090713

ヤスオク・・・

よく考えつくなぁ。

ヤスオク

まとめ記事があるんですが、要約すると・・・

・スタートは0円から
・1回75円の入札手数料がかかる
・入札は15円単位
・商品はamazonから発送される

で、具体例。
面白いから最後まで読んでみてください。

3,000円の商品が1,500円で落札されたとします。
さて、サイト運営者はいくら儲けられるか!

---

商品購入費用 -3,000円
落札額収入 +1,500円
入札回数 1,500円/15円(入札単位の縛り) = 100回
入札手数料収入 100回x75円 = +7,500円
合計 -3,000円+1,500円+7,500円 = +6,000円

---

まとめ
落札者は3,000円の商品を半額の1,500円でゲット。
サイト運営者は6,000円の儲け。

落札できなかった人は負け組。

調べてみるとサンクコスト(埋没費用)が人の判断を曲げてしまう
という行動経済学を活用してるらしいす。

すげー。
海外にも同様のサイトがあるみたいですね。

参考記事
新感覚オークション「ヤスオク」の仕組み - いぬビーム
革新的オークションサイトのSwoopo、カナダでも運用開始。新たな仕組みもテスト中
オークションサイトSwoopo.comは画期的ビジネス?あるいは詐欺? - ZEROBASE BLOG


と、全然チャリ関係ない感じですが最後にMASH貼らせてください。

MASH Tour of California 2009

PREVIEW: MASH Tour of California 2009 from MASH TRANSIT PRODUCTIONS on Vimeo.



固定ですよ。

にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

No comments:

Post a Comment